4/23(金)~5/13(木)上映

■ミナリ

●監督・脚本 リー・アイザック・チョン
●出演 スティーブン・ユァン、ハン・イェリ、ユン・ヨジョン ほか

80年代、韓国系移民のジェイコブは、アメリカに家族と共に引っ越してきた。荒れた土地とボロボロのトレーラーハウスを見た妻のモニカは危険な匂いを感じるが、長女アンと弟のデビッドは、新しい土地に希望を見つけていく。
まもなく毒舌で破天荒な祖母も加わるが、水が干上がり、作物は売れず、一家は追い詰められてゆき…。

公式ホームページ
4/30(金)~上映

■ノマドランド

●監督・製作・脚色・編集 クロエ・ジャオ
●原作 「ノマド 漂流する高齢労働者たち」(ジェシカ・ブルーダー著/ 春秋社刊)
●出演 フランシス・マクドーマンド、デヴィッド・ストラザーン、リンダ・メイ ほか

企業の破たんと共に、長年住み慣れたネバタ州の住居も失ったファーンは、キャンピングカーに亡き夫との思い出を詰め込んで、〈現代のノマド=遊牧民〉として、季節労働の現場を渡り歩く。
その日、その日を懸命に乗り越えながら、往く先々で出会うノマドたちとの心の交流を重ね…。

公式ホームページ
5/7(金)~上映

■モルエラニの霧の中

●監督 坪川拓史
●出演 大杉漣、大塚寧々、水橋研二、菜 葉 菜、菅田俊、草野康太、久保田紗友、小松政夫、坂本長利、香川京子 ほか

珍しいクラゲを探している水族館職員、病に倒れた老舗写真館の主人、児童合唱団を指導する男、ピアノを海に捨ててほしいと頼まれる粗大ゴミ回収業者、母の再婚を機に町を離れることになった中学生、科学館の蒸気機関車を整備する老人、季節の変わり目になると老人施設を抜け出す入所者…。
北海道・室蘭での実話を元に実際にその場所で撮影された7つの物語。

※途中休憩あり
※一般2000円、大・専・シニア1500円、小~高1200円、回数券+300円、レディースデー1500円

※5/15(土)は、14:45からの上映の後、坪川監督ほかシークレットゲストの舞台挨拶を行います!!


公式ホームページ
5/7(金)~上映

■僕が跳びはねる理由

●監督 ジェリー・ロスウェル
●原作 東田直樹 『自閉症の僕が跳びはねる理由 』(エスコアール 、角川文庫 、角川つばさ文庫)
●翻訳原作 デイヴィッド・ミッチェル、ケイコ・ヨシダ

30か国以上で出版された大ベストセラーを映画化
日本人の少年が紡いだ言葉が世界中の自閉症者と家族を救った―誰も見たことのない驚きと感動の“体感”ドキュメンタリー。

公式ホームページ
5/7(金)~上映

■夏時間

●監督・脚本 ユン・ダンビ
●出演 チェ・ジョンウン、パク・スンジュン、ヤン・フンジュ、パク・ヒョニョン、キム・サンドン ほか

10代の少女オクジュは弟と父と共に祖父の家に引っ越したが、そこに母の姿はなかった。
居心地の悪さを感じているところに離婚寸前の叔母まで住みつき始め、やっと家と祖父に親しみを覚えるようになった頃、祖父が病気になってしまう…。

公式ホームページ
5/14(金)~上映

■ヨコハマメリー

●監督 中村高寛
●出演 永登元次郎、五代路子、杉山義法、清水節子、広岡敬一、団鬼六、山崎洋子、大野慶人、福寿祁久雄、松葉好市、森日出夫 ほか

歌舞伎役者のように顔を白く塗り、貴族のようなドレスに身を包んだ“ハマのメリーさん”が愛し離れなかった横浜とは何だったのか。
メリーさんが街から消えた後、様々な人々へのインタビューから見えてきたものとは。

公式ホームページ
5/14(金)~上映

[シネマアイリス25周年記念 「佐藤泰志原作+シネマアイリス製作=函館発信映画。」 4作品連続上映!!]

■海炭市叙景 ※1000円開放!

●監督 熊切和嘉
●原作 佐藤泰志
●出演 加瀬亮、小林薫、竹原ピストル、南果歩 ほか

北国の小さな町・海炭市の冬。
造船所では大規模なリストラが行われ、職を失った颯太は、妹の帆波と二人で初日の出を見るため山に登ることに……。
一方、家業のガス屋を継いだ晴夫は、事業がうまくいかず日々いら立ちを募らせていた。そんな中、彼は息子の顔に殴られたようなアザを発見する。

公式ホームページ
5/21(金)~上映予定

■ブックセラーズ

●監督・編集 D・ W・ヤング
●製作総指揮・ナレーション パーカー・ポージー ほか

世界最大規模のニューヨークブックフェアの裏側、業界で名を知られたブックディーラー、書店主、コレクター、伝説の人物、そして"不思議の国のアリス"オリジナル原稿など希少本の数々…。
本を愛する人たちを見つめたドキュメンタリー。

公式ホームページ
5/21(金)~上映予定

■ブータン 山の教室

●監督・脚本 パオ・チョニン・ドルジ
●出演 シェラップ・ドルジ、ウゲン・ノルブ・へンドゥップ、ハモ・グルン、ペム・ザム ほか

教師のウゲンは、歌手になりブータンを出てオーストラリアに行くことを夢見ているが、ルナナの学校に赴任する事が決まる。
険しい山道を登り村に到着したウゲンは、電気も通っていない、現代的な暮らしから完全に切り離されたことを痛感する。
村の人々は彼を温かく迎え、キラキラと輝く子どもたちの瞳、そして荘厳な自然とともにたくましく生きる姿を見て、少しずつ自分のなかの“変化”を感じるようになり…。

公式ホームページ
5/21(金)~上映

[シネマアイリス25周年記念 「佐藤泰志原作+シネマアイリス製作=函館発信映画。」 4作品連続上映!!]

■そこのみにて光輝く ※R15+ ※1000円開放!

●監督 呉美保
●原作 佐藤泰志
●出演 綾野剛、池脇千鶴、菅田将暉 ほか

仕事を辞めブラブラと過ごしていた達夫は、粗暴だが人懐こい拓児とパチンコ屋で知り合う。ついて来るよう案内された先は、取り残されたように存在する一軒のバラックだった。
取り残されたように存在する家で寝たきりの父、その世話に追われる母、水商売で一家を支える千夏がいた。世間からさげすまれたその場所で、ひとり光輝く千夏に達夫はひかれていく。しかしそんな時、事件が起こり……。

5/28(金)~上映予定

■HOKUSAI

●監督 橋本一
●出演 柳楽優弥、田中泯、玉木宏、瀧本美織、津田寛治、青木崇高 ほか

後の葛飾北斎である春朗は、歌麿や写楽を世に送り出した版元の蔦屋重三郎に才能を認められる。
北斎は次々と革新的な絵を手掛け、江戸の人気絵師となるが…

公式ホームページ
5/28(金)~上映予定

■水を抱く女

●監督・脚本 クリスティアン・ペッツォルト
●出演 パウラ・ベーア、クリストフ:フランツ・ロゴフスキ、マリアム・ザリー、ヨハネス:ヤコブ・マッチェンツ ほか

恋人が別の女性に心移りし、悲嘆にくれていたウンディーネの前に、愛情深い潜水作業員のクリストフが現れる。
数奇な運命に導かれるように、惹かれ合うふたりだったが、次第にクリストフはウンディーネが何かから逃れようとしているような違和感を覚え始め…。

公式ホームページ
5/28(金)~上映

[シネマアイリス25周年記念 「佐藤泰志原作+シネマアイリス製作=函館発信映画。」 4作品連続上映!!]

■オーバー・フェンス ※1000円開放!

●監督 山下敦弘
●原作 佐藤泰志
●出演 オダギリジョー、蒼井優、松田翔太 ほか

東京から故郷・函館に戻った白岩は失業保険を受けながら職業訓練校に通い、いつも訓練校とアパートを往復するだけの惰性の日々を送っていた。
ある日、同じく訓練校に通う代島にキャバクラに連れていかれた彼は、聡という名の風変わりなホステスと出会い、どこか危うい彼女に急速に惹かれていくが……。

6/4(金)~上映

[シネマアイリス25周年記念 「佐藤泰志原作+シネマアイリス製作=函館発信映画。」 4作品連続上映!!]

■きみの鳥はうたえる

●監督・脚本 三宅唱
●原作 佐藤泰志
●出演 柄本佑、石橋静河、染谷将太 ほか

函館郊外の書店で働く「僕」と、一緒に暮らす失業中の静雄。「僕」と同じ書店で働く佐知子が加わり、3人は夜通し酒を飲み、踊り、笑いあう。
だが微妙なバランスのなかで成り立つ彼らの幸福な日々は、いつも終わりの予感と共にあった。

6/4(金)~上映

■アンモナイトの目覚め ※R15+

●監督・脚本 フランシス・リー
●出演 ケイト・ウィンスレット、シアーシャ・ローナン ほか

人間嫌いで世間とのつながりを絶ち暮らす古生物学者メアリーは、裕福な化石収集家の妻シャーロットを預かることとなる。
美しく可憐で奔放、何もかも正反対のシャーロットに苛立つが、自分とはあまりに違うシャーロットに惹かれる気持ちをどうすることもできず―。

公式ホームページ
6/11(金)~上映予定

■街の上で

●監督 今泉力哉
●脚本 今泉力哉、大橋裕之
●出演 若葉竜也、穂志もえか、古川琴音、萩原みのり、中田青渚、成田凌 ほか

青は基本的にひとりで行動している。口数が多くもなく、少なくもなく。行動範囲も下北沢を出ない。
そんな日常生活に、ふと"自主映画への出演依頼"という非日常が訪れて…。

公式ホームページ
6/11(金)~上映予定

■JUNK HEAD ジャンク・ヘッド

●監督・原案・キャラクターデザイン・編集・撮影・照明・音楽 堀貴秀
●音楽 近藤芳樹

人類は遺伝子操作により長寿を得たが、代償として生殖能力を失った。さらに環境汚染、ウィルス感染により、世界は滅亡への道を歩んでいる。
新たな命を生み出すカギは、反乱を起こし地下世界を乗っ取った人工生命体"マリガン"に隠されていた。

公式ホームページ
7/2(金)~上映予定

■アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン

●撮影 シドニー・ポラック
●映画化プロデューサー アラン・エリオット
●出演 アレサ・フランクリン、ジェームズ・クリーブランド、コーネル・デュプリー(ギター)、チャック・レイニー(ベース)、ケニー・ルーパー(オルガン)、パンチョ・モラレス(パーカッション)、バーナード・パーディー(ドラム)、アレキサンダー・ハミルトン(聖歌隊指揮) ほか

ソウルの女王アレサ・フランクリンが、1972年にロサンゼルスの教会で行ったライブ
カットの始めと終わりのカチンコがなかったために音と映像をシンクロさせることができず未完のまま頓挫したが、テクノロジーの発展も後押しし遂に映画が完成、感動的な夜が蘇る!

公式ホームページ
7/2(金)~上映予定

■戦場のメリークリスマス 4K修復版

●監督 大島渚
●出演 デヴィッド・ボウイ、坂本龍一、トム・コンティ、ビートたけし、ジャック・トンプソン、内田裕也、ジョニー大倉、内藤剛志 ほか

1942年のジャワ島、日本軍の俘虜収容所で起こった事件をきっかけに粗暴な日本軍軍曹ハラと温厚なイギリス人捕虜ロレンスが事件処理に奔走する。
一方、陸軍大尉のヨノイは反抗的で美しいイギリス人俘虜のセリアズに心を奪われ…

公式ホームページ
7/9(金)~上映予定

■愛のコリーダ 修復版 ※R18+

●監督・脚本 大島渚
●出演 藤竜也、松田英子、中島葵、小山明子、殿山泰司 ほか

昭和11年。東京・中野の料亭「吉田屋」を舞台に、そこの主人である吉蔵と仲居の阿部定が出逢いたちまち惹かれあう。昼夜を問わず体を求めあう二人の愛はエスカレートし、やがてお互いの首を絞めて快感を味わうなど、危険な性戯におぼれていく。
定は吉蔵の愛を独占したいと願うようになり、ある日、吉蔵を殺して自分だけのものにしようと包丁を手にした。

公式ホームページ