8/25(土)~上映

■函館市民映画館シネマアイリス開館20周年記念作品 「きみの鳥はうたえる」

●監督・脚本 三宅唱
●原作 佐藤泰志
●出演 柄本佑、石橋静河、染谷将太、足立智充、山本亜依、柴田貴哉、水間ロン、OMSB、Hi'Spec、渡辺真起子、萩原聖人 ほか

函館郊外の書店で働く「僕」と一緒に暮らす失業中の静雄。
「僕」と同じ書店で働く佐知子が加わり、3人は、夜通し酒を飲み、踊り、笑いあう。
だが微妙なバランスのなかで成り立つ彼らの幸福な日々は、いつも終わりの予感と共にあった。

公式ホームページ
9/1(土)~上映

■カメラを止めるな!

●監督・脚本・編集 上田慎一郎
●出演 濱津隆之、真魚、しゅはまはるみ ほか

ゾンビ映画撮影のため、山奥にある廃墟にやってきた自主映画のクルーたち。
そこに本物のゾンビが現れ撮影隊に襲いかかった。
次々とクルーの面々はゾンビ化していくが、監督は撮影を中止するどころか嬉々として撮影を続行…。

公式ホームページ
9/1(土)~9/21(金)上映

■終わった人

●監督 中田秀夫
●出演 舘ひろし、黒木瞳、広末涼子 ほか

定年を迎え、家に居場所もなく一日中何もすることがない田代壮介。
そんなある日、彼に思わぬ人生の転機が訪れる…。

公式ホームページ
9/15(土)~上映

■ワンダー 君は太陽

●監督 スティーヴン・チョボスキー
●出演 ジュリア・ロバーツ、オーウェン・ウィルソン、ジェイコブ・トレンブレイ ほか

遺伝子の疾患で人とは異なる顔の少年オギーは、学校でいじめや裏切りに遭ってしまう。
それでも、ありったけの勇気と知恵で立ち向かうオギーとの交流の中で、家族や周囲の人々が変わり始める
オギーがヘルメットを脱いだ時、優しい奇跡が待っていた。
公式ホームページ
9/15(土)~上映

■ファントム・スレッド

●監督・脚本 ポール・トーマス・アンダーソン
●出演 ダニエル・デイ=ルイス、ヴィッキー・クリープス、レスリー・マンヴィル ほか

オートクチュールの仕立屋レイノルズは、英国ファッションの中心的存在として社交界から脚光を浴びていた。
ある日、若いウェイトレスのアルマと出会い、完璧で規律的だったレイノルズの日常に変化が訪れる…。

公式ホームページ
9/22(土)~上映

■フジコ・ヘミングの時間

●監督 小松莊一良
●出演 フジコ・ヘミング、大月ウルフ ほか

60代後半でデビューし、80歳を超えた今でも世界中で演奏活動を続けるフジコ・ヘミング。
国境を越えて人々を魅了する“魂のピアニスト”フジコの音楽はどんな人生から生まれるのか。
パリ、京都、ベルリンなど、世界をめぐるフジコを二年間に渡って撮影したドキュメンタリー。

公式ホームページ
9/22(土)~28(金)上映

■30年後の同窓会

●監督 リチャード・リンクレイター
●出演 スティーブ・カレル、ブライアン・クランストン、ローレンス・フィッシュバーン ほか

ドクが戦死した息子を故郷へ連れ帰る旅に誘ったのは、30年間音信不通の2人の友だった。
30年前の“ある事件”をきっかけに大きく人生が変わってしまった三人の男たち。
故郷ポーツマスへ向かう再会の旅路の中で、彼らの人生が再び輝きだす。

公式ホームページ
9/29(土)~上映予定

■バトル・オブ・ザ・セクシーズ

●監督 ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス
●出演 エマ・ストーン、スティーブ・カレル、アンドレア・ライズブロー、ビル・プルマン、アラン・カミング ほか

1973年、女子テニスの優勝賞金が男子の1/8だった時代に"女子テニス協会"を立ち上げたビリー・ジーン。
彼女に挑戦状を叩きつけたボビーは55歳の男子元世界チャンピオン。
世界中が見守る中、"性差を超えた戦い(バトル・オブ・ザ・セクシーズ)"が幕を開ける。

公式ホームページ
9/29(土)~10/5(金)上映予定

■ゲティ家の身代金 ※R15+

●監督 リドリー・スコット
●出演 ミシェル・ウィリアムズ、クリストファー・プラマー、マーク・ウォールバーグ、ティモシー・ハットン、ロマン・デュリス、チャーリー・プラマー ほか

“世界中のすべての金を手にした”といわれる大富豪ゲティ。孫ポールが誘拐され1700万ドルという破格の身代金を要求されたゲティは、支払いを断固拒否。
離婚によりゲティ家を離れていたポールの母ゲイルに支払いは不可能。息子を救い出すため、ゲイルは事あるごとに脅迫してくる犯人だけでなく、断固として支払いを拒否する【世界一の大富豪】とも戦うことになる。
一方、一向に身代金が払われる様子がないことに犯人は痺れを切らし、ポールの身に危険が迫っていた・・・。

公式ホームページ
10/6(土)~上映予定

■マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー

●監督 オル・パーカー
●出演 メリル・ストリープ、ピアース・ブロスナン、コリン・ファース、ステラン・スカルスガルド ほか

2008年、当時のミュージカル映画史上世界一の興行収入記録を塗り替えた『マンマ・ミーア!』の続編。
ソフィは自身の妊娠を機に、若き日の母と自分を重ねる。ママは私を身ごもった時、どんな気持ちだった?ママと三人のパパの間に本当は何があったのか・・・。
ABBAの珠玉の楽曲が物語を彩る最高のミュージカル映画!

公式ホームページ
10/6(土)~上映予定

■ペンギン・ハイウェイ

●監督 石田祐康
♦原作 森見登美彦『ペンギン・ハイウェイ』(角川文庫刊) ●出演 北香那、蒼井優、西島秀俊、竹中直人 ほか

小学四年生のアオヤマ君の何よりの興味は歯科医院の“お姉さん”。
ある日、街に突如出現するペンギン、そして謎の球体。アオヤマ君は、謎の現象にお姉さんが関係していると考え始めるが・・・。
「夜は短し歩けよ乙女」など、数々のベストセラーを持つ森見登美彦原作の青春ファンタジー。

公式ホームページ
10/13(土)~上映予定

■きらきら眼鏡

●監督 犬童一利
●出演 金井浩人、池脇千鶴、安藤政信 ほか

恋人の死を乗り越えられずにいた明海が、ふとしたきっかけで出会ったあかね。
だが、彼女もまた余命宣告された恋人の裕二と向き合うつらい現実を抱えていた。
見たものぜんぶを輝かせる“きらきら眼鏡”をかけているといういつも前向きで笑顔のあかねに、明海は次第に惹かれていく―。

公式ホームページ
10/13(土)~上映予定

■判決、ふたつの希望

●監督 ジアド・ドゥエイリ
●出演 アデル・カラム、カメル・エル=バシャ ほか

2人の男のささいな口論が国を揺るがす法廷争いに発展。
法廷で次々と明かされる衝撃の真実と主人公たちの過去。
人間の尊厳をかけ二転三転する裁判の結末は—。

公式ホームページ
10/13(土)~19(金)上映予定

■HURRY GO ROUND

●監督 石川 智徹
●出演 YOSHIKI、I.N.A.、山崎洋一郎(ロッキング・オン・ジャパン編集長)、ERIC ESTFALL(ロサンゼルス・レコーディングエンジニア)、松本裕士(株式会社ヘッドワックスオーガナイゼーション代表取締役) ほか

突然の死から20年。hide初心者の俳優・矢本悠馬がナビゲーターとして、hideが亡くなる直前3ヶ月間の軌跡に迫るドキュメンタリー
最期の楽曲「HURRY GO ROUND」に秘められたメッセージとは…

公式ホームページ
10/20(土)~26(金)上映予定

■ラスト・ワルツ

●監督 マーティン・スコセッシ
●出演 ザ・バンド、ボブ・ディラン、エリック・クラプトン、ニール・ヤング、ジョニ・ミッチェル、ヴァン・モリソン、ニール・ダイヤモンド、リンゴ・スター、ロン・ウッド、ドクター・ジョン、ポール・バターフィールド、ロニー・ホーキンス、マディ・ウォーターズ ほか

1976年11月25日、ザ・バンドの最後にして伝説のライブ会場となったのはサンフランシスコのウィンターランド。
ザ・バンドがバックバンドをつとめたこともあるボブ・ディランをはじめ、音楽史に大きな足跡を残した偉大なミュージシャンたちが次々と現れ、ザ・バンドと競演。
二度と実現不可能な、一夜限りの贅沢で華麗なロック・フェスティバルがスクリーンに甦る。



初日となる10/20(土)に、音楽評論家・天辰保文さんをお招きしての、1日限りのトークショーを開催します。
北海道新聞夕刊連載の人気コラムでおなじみの、1976年の「ラストワルツ」コンサートを生で見た天辰さんをお招きしての貴重なトークショー!
知られざる「ラストワルツ」の全貌を語っていただきます。

日時 : 2018年10月20日(土)
 18:30 開場 ※劇場内への入場は上映数分前となりますが、チケットの整理番号順に事前にロビーでお並び頂きます。
 18:45 映画「ラストワルツ」上映
 20:45 トークショー(60分を予定)
料金 : 前売2,500円、当日3,000円 [限定66席]

公式ホームページ
上映予定

■クワイエット・プレイス

●監督 ジョン・クラシンスキー
●出演 エミリー・ブラント、ジョン・クラシンスキー、ミリセント・シモンズ、ノア・ジュブ ほか

絶対に音を立ててはいけない・・・。
音に反応し人間を襲う“何か”に怯える一組の家族。
エブリンの出産を目前に控える中、彼らは最後まで沈黙を貫けるのか。

公式ホームページ
上映予定

■悲しみに、こんにちは

●監督・脚本 カルラ・シモン
●出演 ライラ・アルティガス、パウラ・ロブレス、ブルーナ・クッシ、ダビド・ヴェルダグエル、フェルミ・レイザック ほか

“ある病気”で両親を亡くしたフリダは、バルセロナからカタルーニャの田舎へ引っ越し、若い叔父夫婦の下で暮らすこととなる。
彼女を家族の一員として温かく迎え入れたものの、新しく家族として暮らすには、互いに時間がかかり…。

公式ホームページ