10/1(金)~上映

■函館シネマアイリス25周年記念作品 草の響き ※PG12

●監督 斎藤久志
●原作 佐藤泰志(「きみの鳥はうたえる」所収/河出文庫刊)
●出演 東出昌大、奈緒、大東駿介、Kaya、林裕太、三根有葵、利重剛、クノ真季子、室井滋 ほか

心に失調をきたし、妻とふたりで故郷函館へ戻ってきた和雄。
医師に勧められるまま治療のため街を走り始め、路上で出会った若者たちとふしぎな交流を持ち始めるが…

※一般1800円、高校・大学1500円、小・中学1000円 ※毎月1日[映画の日]は一般1500円
※10/1、2の全上映と10/3の最初の2回は、斎藤久志監督が登壇!

公式ホームページ
11/26(金)~上映

■由宇子の天秤

●脚本・監督 春本雄二郎
●出演 瀧内公美、河合優実、梅田誠弘、光石研 ほか

女子高生いじめ自殺事件を追う由宇子は、テレビ局の方針と対立を繰返しながらも事件の真相に迫りつつあった。
そんな時、父から思いもよらぬ衝撃の事実を聞かされ、常に真実を明らかにしたいという信念に突き動かされてきた由宇子は、究極の選択を迫られる…

公式ホームページ
11/26(金)~12/9(金)上映

■ハロウィン KILLS ※R15+

●監督 デヴィッド・ゴードン・グリーン
●出演 ジェイミー・リー・カーティス、ジュディ・グリア、アンディ・マティチャック、ウィル・パットン、トーマス・マン、アンソニー・マイケル・ホール ほか

バーニングトラップから生還した"ブギーマン"ことマイケル・マイヤーズは、再び凶行を重ねる。
恐怖に立ち向かい戦いを選ぶ者、恐怖に耐えかね暴徒と化す者。物語はついにブギーマンの正体に迫り新たな展開を迎える。

公式ホームページ
12/3(金)~12/9(木)上映

■BILLIE ビリー

●脚本・監督 ジェームズ・エルスキン
●出演 ビリー・ホリデイ ほか

不世出のジャズ・シンガー、ビリー・ホリデイ。
関係者にインタビューした生々しい証言と、珍しいホーム・ムービーや過去の資料映像、秘蔵の写真、そしてビリーの歌唱が最新技術を駆使したカラー映像で甦る。

公式ホームページ
12/3(金)~12/9(木)上映

■名もなき歌

●監督・脚本・製作 メリーナ・レオン
●出演 パメラ・メンドーサ、トミー・パラッガ、ルシオ・ロハス、マイコル・エルナンデス ほか

ペルーで貧しい生活を送るヘオルヒナは、妊婦に無償医療を提供するクリニックを受診するが、無事女児を出産するも院外へ閉め出され娘は奪い去られてしまう。
記者ペドロは事件を追って、権力の背後に見え隠れする国際的な乳児売買組織の闇へと足を踏み入れる

公式ホームページ
12/3(金)~上映

■ほんとうのピノッキオ

●監督 マッテオ・ガローネ
●出演 ロベルト・ベニーニ、マリーヌ・ヴァクト、フェデリコ・エラピ ほか

ジェペット爺さんが丸太から作った人形が、命を吹き込まれたようにしゃべり始めた。ピノッキオと名付けられたやんちゃな人形は、心優しき妖精の言いつけにも、おしゃべりコオロギの忠告にも耳を貸さない。
命からがらの冒険を繰り広げるピノッキオは、"人間の子どもになりたい"という願いを持つようになり…。

公式ホームページ
12/10(金)~上映

■サヨナラ アメリカ

●監督 佐渡岳利
●出演 HARUOMI HOSONO,WATARU IGA(b), DAICHI ITO(dr), REN TAKADA(g), TAKUJI NOMURA(key), SEAN ONO LENNON, VAN DYKE PARKS, MAC DEMARCO, YUKA MIZUHARA, KIKO MIZUHARA, JOHN SEBASTIAN (In Order of Appearance) ほか

突然現れたウィルスにより、全てのエンタテインメントを家で楽しむことが余儀なくされる日々が普通になってしまった。
“マスクがなかった世界を偲んで”、 2019年アメリカで開催された集大成となるライブを記録した幸福感と高揚感に満ちた細野晴臣ライブ・ドキュメンタリー。

公式ホームページ
12/10(金)~上映

■恋する寄生虫

●監督 柿本ケンサク
●原案 三秋 縋「恋する寄生虫」(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)
●出演 林遣都、小松菜奈、井浦新、石橋凌 ほか

極度の潔癖症の賢吾は、視線恐怖症のひじりと友だちになって面倒をみてほしいという奇妙な依頼を受ける。
露悪的な態度をとるひじりに辟易したが、それには理由があり…

公式ホームページ
12/10(金)~上映

■モーリタニアン 黒塗りの記録

●監督 ケヴィン・マクドナルド
●原作 モハメドゥ・ウルド・スラヒ「モーリタニアン 黒塗りの記録」(河出文庫)
●出演 ジョディ・フォスター、ベネディクト・カンバーバッチ、タハール・ラヒム、シャイリーン・ウッドリー、ザッカリー・リーヴァイ ほか

ナンシーはモハメドゥの弁護を引き受ける。9.11の首謀者の1人として拘束されたが、裁判は一度も開かれていない。
不当な拘禁だとしてアメリカ合衆国を訴えるが、モハメドゥから届く手紙による“証言”の予測不能な展開に引き込まれ…

公式ホームページ
12/10(金)~上映

■君は永遠にそいつらより若い

●監督・脚本 吉野竜平
●原作 津村記久子『君は永遠にそいつらより若い』(ちくま文庫)
●出演 佐久間由衣、奈緒、小日向星一、笠松将、葵揚、森田想、宇野祥平、馬渕英里何、坂田聡 ほか

大学卒業を間近に控え、手持ちぶさたな日々を送るホリガイは、過去に痛ましい経験を持つイノギと知り合う。
そんな中、日常の裏に潜む"暴力"と"哀しみ"が顔を見せはじめ…

公式ホームページ
12/11(土)上映 ※1日だけの限定上映

■天外者(てんがらもん)・公開1周年特別上映

●監督 田中光敏
●出演 三浦春馬、三浦翔平、西川貴教、森永悠希、森川葵、筒井真理子、蓮佛美沙子、生瀬勝久 ほか

攘夷か、開国か、ペリー来航に震撼した日本。五代才助は激しい内輪揉めには目もくれず、世界に目を向けていた。
そんな折、遊女のはると出会い"自由な夢を見たい"という想いに駆られ坂本龍馬、岩崎弥太郎、伊藤博文らと志を共にしていく。

公式ホームページ
12/17(金)~上映予定

■リスペクト

●監督 リーズル・トミー
●出演 ジェニファー・ハドソン、フォレスト・ウィテカー、マーロン・ウェイアンズ、メアリー・J. ブライジ ほか

少女のころから抜群の歌唱力で天才と称されたアレサ・フランクリン。
しかし尊敬する父や夫からの束縛や裏切りで極限まで追い詰められる中、ステージに立ち観客に語り掛け、その歌声はやがて世界を歓喜と興奮で包み込んでいく。

公式ホームページ
12/17(金)~上映予定

■偶然と想像 ※PG12

●監督・脚本 濱口竜介
●出演 古川琴音、中島歩、玄理、渋川清彦、森郁月、甲斐翔真、占部房子、河井青葉 ほか

親友同士の他愛のない恋バナ、大学教授に教えを乞う生徒、20年ぶりに再会した女友達。
軽快な物語の始まり、日常対話から一転、鳥肌が立つような緊張感とともに引き出される人間の本性、切り取られる人生の一瞬…。

公式ホームページ
12/24(金)~上映予定

■スウィート・シング ※PG12

●監督・脚本 アレクサンダー・ロックウェル
●出演 ラナ・ロックウェル、ニコ・ロックウェル、ウィル・パットン、カリン・パーソンズ、ML・ジョゼファー、ジャバリ・ワトキンズ、ケリー・チャーペント、スティーヴン・ランダッツォ、ジャンヌ・コスタ ほか

普段は優しいが酒を飲むと人が変わる父アダム。家を出て行った母親イヴ。
頼る大人がいないビリーとニコの姉弟は、ある日出会った少年マリクとともに、彼らは逃走と冒険の旅に出る!

公式ホームページ
1/7(金)~上映予定

■天才ヴァイオリニストと消えた旋律

●監督 フランソワ・ジラール
●出演 ティム・ロス、クライヴ・オーウェン、ルーク・ドイル、ミシャ・ハンドリー、キャサリン・マコーマック ほか

第二次世界大戦下のロンドン。9歳で出会い、ともに育った同い年のマーティンとドヴィドル。やがて将来有望なヴァイオリニストとして成長したドヴィドルは、デビューコンサートの日に忽然と姿を消した―。
35年後、ある手掛かりをきっかけに、マーティンはドヴィドルを探す旅に出る。彼はなぜ失踪し、何処に行ったのか? その旅路の先には思いがけない真実が待っていた…。

公式ホームページ
1/14(金)~上映予定

■ジャズ・ロフト

●監督 トム・ハーウィッツ
●出演 サム・スティーブンソン、カーラ・ブレイ、スティーヴ・ライヒ、ビル・クロウ、デイヴィッド・アムラム、ジェイソン・モラン、ビル・ピアース、(以下、写真/声のみ)セロニアス・モンク、ズート・シムズ、ホール・オーヴァトン ほか

写真家ユージーン・スミスが50年代半ばから住んでいたNYのロフトでは、連日連夜セロニアス・モンクをはじめとするジャズ・ミュージシャンがセッションを繰り広げていた。
スミスは、純粋に音楽を楽しむために集まった彼らの演奏を逃すまいと部屋中に録音用の配線を張り巡らせ、何千枚もの写真を撮る。そのむせ返るような熱気を余すところなく伝えるドキュメンタリー。

公式ホームページ
1/14(金)~上映予定

■明け方の若者たち ※R15+

●監督 松本花奈
●原作 カツセマサヒコ「明け方の若者たち」(幻冬舎文庫)
●出演 北村匠海、黒島結菜、井上祐貴、佐津川愛美、山中崇、高橋ひとみ、濱田マリ ほか

下北沢で観た舞台、高円寺で一人暮らしを始めた日、フジロックに対抗するために旅をした7月の終わり…。
世界が彼女で満たされる一方で、社会人になった僕は、〝こんなハズじゃなかった人生″に打ちのめされていく。でも僕は最初からわかっていた。いつか、この時間に終わりがくることを…。

公式ホームページ